新感覚意欲作のグランブルーファンタジーは王道ファンタジーです

スマートフォンゲームのアプリといえば、アンドロイドや林檎などの機種を使った専用のものが代表的です。それぞれの機種じゃないと動かないように開発されるために、ほとんどのリリースされるゲームはそれぞれの機種に合わせた開発を行うのが基本で、だいたいのゲーム開発会社は皆同じような形でリリースしています。

そこで最近話題のゲームの中で一風変わって機種専用ではなく、どんなスマートフォンでも遊べるように開発された面白いゲームがあることに気づきました。その名も「グランブルーファンタジー」というゲームで、いったい何がどう変わっているのかというと、スマートフォン上のブラウザで遊べるように開発されたものということです。

本来ブラウザゲームというのは、スマートフォン用に開発されているものはなくて、元々パソコンで遊ぶのを前提とした作りのものが主流です。そこで発想の転換をしたのか、スマートフォンのブラウザで遊ぶことを目的としたゲーム「グランブルーファンタジー」が開発されたというのは非常にユニークな発想だと感じました。

これは革新的なもので、アンドロイドや林檎などの機種に問われないことから、多くの幅広いユーザーに遊んでもらえるキッカケ作りになることから、広いユーザー層に受け入れられるかもしれない可能性を秘めた新しいチャレンジ精神を感じました。

さて、ゲームそのものの出来栄えですが、ファンタジー好きの私は大興奮の絵柄と演出で非常に満足しています。最近のオタク業界は萌えを意識したものが多いのか、キャラクターが非常に可愛らしいものが多いのですが、グランブルーファンタジーの場合はマジックザギャザリングを彷彿させるような少し濃い目の絵柄が多いです。ドラゴンやグリフォンなどの、画面をよく見ると毛並みまでもがリアルに描かれたゲーム性なので、ファンタジー要素が好きな人にとってこのゲームは長くお付き合いできるくらいに期待していけるゲームです。

本格的なロールプレイングゲームに、丁寧な雰囲気作りを作り上げている良作です。

グランブルーファンタジーの新しさについて

スマホゲームの「グランブルーファンタジー」には驚かされました。前評判はそれほど高くなったけれど、実際にプレイしてみると実に面白い。今年度の代表作と言っても過言ではないほどのクオリティを誇っています。今年はファイナルファンタジーやドラゴンクエストなど大型話題作が相次ぎましたが、そのような歴史的有名作を前にしても、グランブルーファンタジーは劣らないどころか、さらにその上を行っているのではないかとすら思えます。スマートフォンゲームの金字塔になりうるゲーム、それが「グランブルーファンタジー」です。

グランブルーファンタジーの魅力はそうそう簡単に言い尽くすことはできませんが、それでもいくつかの目立った特徴を列挙することはできると思います。例えば、背景デザインの秀逸さです。どこかジブリを髣髴とさせる世界観に満ちあふれています。天空に浮かぶ島々と、その間を行き来する飛行船。さらにはキノコ型の家屋、峻厳な高山、清らなか川、広大な海。どれもジブリ的モチーフを連想させてやみません。しかし、このように共通点を挙げ連ねたからといって、私はこのゲームがジブリの影響下にあると言いたいわけではありません。むしろ、このゲームにはジブリを超えていく何かがあり、その何かこそがこのゲームの本当の新しさなのです。

しかし、今の私の能力では、その何かについて正確に言い表すことはできません。既存のゲーム論では語りえぬ新しさがあるのです。いつか誰かが、その何者かについて明瞭な論評をなしてくれるかもしれません。しかし私が確認するかぎり、今のところ、多くのゲーム批評家は言い淀んでおり、その何かを語りつくせてはいません。そのため、今はただゲームをプレイするほかなさそうです。プレイすることを通じて、この曰く言い難い魅力を実際に経験してみるしかありません。

グランブルーファンタジーは歴史的名作となります。これまで数多くのスマホゲームをプレイしてきましたが、このゲームほどに新しさを感じさせるものはありませんでした。これからも折にふれて、このゲームについては語っていきたいと思います。

二次創作が増えているグランブルーファンタジー

大人気になっているスマートフォンゲームですが、全ての作品の売上が優れているわけではありません。似た様なゲームシステムが多いため、人気作品と無名作品は差がつきやすいのが実情です。そして人気作品になる事を見越して力を入れたゲームが、思ったより流行しないという事も十分にあり得ます。実際には様々なリスクを内包しているのがスマートフォンゲームです。

しかし配信が開始されてから力を入れた作品は成長する可能性が高いと言われています。スマートフォンゲームは売り切り型の作品と違って、追加要素がアップデートによって登場するのです。つまり配信されてから宣伝が頻繁に行われている作品は、かなり期待されているという事になります。そして二次創作が流行するのも特徴です。二次創作を作っている人は抜群に嗅覚が優れており、次に流行する作品をピタリと当てます。

グラフィックと音楽で評価されているグランブルーファンタジーも二次創作が増えているタイトルです。グランブルーファンタジーは多数のキャラクターが登場するロールプレイングゲームで、2014年から配信開始されるようになりました。そして2015年の秋になってから絵を投稿出来るサイトで、ランキング上位に入るようになったのです。スマートフォンゲームは賞味期限が短い特徴があるため、1年以上が経過してから流行するのは稀だと言えます。グランブルーファンタジーと似ている現象を起こしたのが戦艦を擬人化したゲームです。

現在でも人気を維持している作品ですが、二次創作は急速に衰えているという意見があります。代わりにグランブルーファンタジーの絵を描き始めているのです。同時にアニメ化が決定した事も影響を与えると言われています。ストーリーに関しても定評がある作品なので、アニメ化の成功は間違いありません。2015年の秋に突入してから人気が急上昇しているグランブルーファンタジーは、今後もゲームプレイヤーが増加すると予測されています。

グランブルーファンタジーはドット絵が評価されている

ゲーム開発においてグラフィック作成は、最も大変な作業だと言われています。操作するキャラクターだけでなく闘う敵のグラフィックも描く必要があるからです。過去の時代では点を繋ぎ合わせる事で様々な物体を表現するドット絵で作成されていましたが、最近では3Dモデルが主流になっています。ドット絵よりも3Dの方が表現できる事が多く、グラフィッカーの負担を軽減出来るからです。

しかし一概にドット絵が劣っているというわけではありません。制約がある中で描かれるドット絵は、存在しているだけでも十分な魅力が備わっています。何より三次元のグラフィックよりリアルに見えなくても、ゲームの世界観とマッチしている事もあるのです。現代ではドット絵を描けるスタッフが減り過去の遺物になりつつあります。

しかしドット絵の魅力を最大限に活かしたゲームが開発されました。グランブルーファンタジーと呼ばれるスマートフォンゲームです。

グランブルーファンタジーは多くのキャラクターがドット絵で描かれています。古い時代のゲームのグラフィックを懐かしく思う人間から受け入れられているのです。昨今のゲームはリアルになり過ぎたという意見もあります。それが原因でゲームを買わなくなってしまう人も存在するのです。スマートフォンは現代の生活において必須であるため多くの人が所有しています。つまり必ずしもゲームのファンだけを相手にする必要はありません。

ドット絵が全盛だった頃にゲームで遊んでいた人種を顧客にすれば、十分な利益を得られるチャンスがあります。スマートフォンは暇潰しのアイテムとして優秀なので、過去のゲームファンを呼び戻せる可能性があるのです。そしてグランブルーファンタジーのドット絵は昔のゲーマーを虜にしました。その効果によってダウンロード数は常にランキング上位です。それによってグランブルーファンタジーの追加アップデートは充実します。将来的には更に優れたコンテンツに成長するのは確かです。

ターン制のバトルでじっくり戦えるグランブルーファンタジー

 グランブルーファンタジーは王道スマホRPGと銘打っているだけあり、戦闘は昔懐かしのターン制です。今の時代はターン制ではないリアルタイムバトルが主流になっていますが、ドラクエやファイファンなど往年の名ゲームはすべてターン制でした。ターン制のいいところは時間に急かされることなくじっくりと考えられるところで、私のような40代に手が届こうというゲーマーにはむしろそちらのほうがありがたいです。

 リアルタイムバトルにはリアルタイムバトルならではの緊張があって良いのですが、ターン制に比べるとどうも思考面において少し単調になってしまうため、私はターン制のほうが好きです。ですから、グランブルーファンタジーがターン制のバトルを採用しているというのはとても好感が持てました。

 エンカウントによって現れた敵をどうやって倒していくのかじっくりと考えることは、RPGの醍醐味と言えます。どの敵を先に倒していくか、あるいは誰を攻撃させれば最も効率的なのか、はたまた奥義のタイミングをどうするかなど、ターン制であるがゆえに考えることはたくさんあります。慣れてくればそれらをリアルタイムバトルのようにパパッと決めることができますが、初心者の段階ではそこまでスピーディーな操作ができませんから、最初のうちはじっくりと敵を倒していくことに専念していったほうが上手くいきやすいと思います。

 また、アビリティー発動についてもなかなかおもしろさを感じます。そのアビリティーによって戦局が大きく変わることもありますので、上手く使いこなしていかなければいけません。そこがまたグランブルーファンタジーの戦闘における楽しみ方なのかもしれないです。

 私はRPGに対して戦闘の要素を強く求める節があるので、そこをしっかりと満たしているグランブルーファンタジーはとてもその評価が高いです。だからこそ繰り返し遊びたくなってしまいますし、そういう人はきっと私だけではないと思っています。

魅力的なキャラクターが登場するゲーム

スマートフォンのゲームは凄い成長を見せています。しかしその大半は一時的なブームを迎えた後に勢いが衰えてしまうのです。その理由はスマートフォンのゲーム開発に注ぐ時間が限られているせいだと言われています。似た様なシステムを流用しなければならないという事情を抱えているため、新作を開発するために開発メーカーは力を注いでいるのです。

よって配信が開始されたゲームはアップデート内容が充実しないケースが多くなります。しかし期待されているスマートフォンのゲームは例外です。長期に渡って人気を保持出来る可能性を持ったゲームは、アップデート内容が充実しています。最近になって急速に利用率を伸ばしているグランブルーファンタジーもその一つです。

グランブルーファンタジーは開発メーカーは多くの人間が開発に携わっています。つまり現場で動いているお金は他のアプリケーションと比較にならないのです。グランブルーファンタジーが他のゲームよりも優れているのは、美麗なデザインのキャラクターだと言われています。数多の有名キャラクターデザイナーが登場人物のデザインを担当しているため、他のスマートフォンゲームとはクオリティに差があるのです。

現にグランブルーファンタジーに登場するキャラクターの二次創作が増加しています。二次創作はインターネット上のお絵かきが出来るウェブサイトで行われており、有名な作家が多数参加しているのです。以前は日本の戦艦を擬人化したゲームの二次創作に携わっていた彼らは、グランブルーファンタジーに注目している事は大きな意味があります。

戦艦を女性キャラクターに擬人化した艦隊コレクションは、二次創作の増加によって爆発的な人気になりました。つまり人気を誇っている本作が更に注目される存在になり得るという事です。コラボレーション企画としてアニメ化も決定しているため、現在最も期待されているスマートフォンのアプリケーションだと言えます。

高いクオリティで満足感を得られるグランブルーファンタジー

この度アニメ化も決定したグランブルーファンタジーは、本格派RPGで大変な人気を誇るアプリゲームです。サウンドディレクターにもキャラクターにも有名なクリエイターを迎え、リリース時には大変な評判をを呼びました。その期待を裏切ることなく、作りこまれた世界観はプレイヤーの想像を超えるほどのクオリティーであると宣伝していたとおりのものになったのです。RPGをスマホでプレイしたい、そう思った時にはグランブルーファンタジーを選択しましょう。

ソーシャルゲームだとキャラクター人気に頼って、そのキャラのための課金要素ばかりに目がいってしまいがちです。特にRPGの場合だと肝心のストーリー要素が薄かったり、たいしたイベントがなかったりとすぐに飽きてしまったりすることも多いものです。ですが、グランブルーファンタジーというのはそのストーリー内容がまるで据え置きゲームのような濃さで、何となくプレイしただけではとても詰め込まれた物語を把握することができません。本腰を入れてプレイしたくなるゲームの濃さなのです。

その上そのストーリーを彩る高いクオリティを誇るグラフィックと、有名声優陣によるフルボイス機能も付いているだなんて、とても片手間でプレイをしていいゲームだとは思えないでしょう。軽い気持ちでプレイを始めて、思わぬかたちで内容に引き込まれてしまったというヘビーユーザーも生んでいるほどです。

ゲームシステム自体も、基本的にはお馴染みのスマホゲーRPGと大差はないので違和感なくプレイできるでしょう。戦闘も通常攻撃はターン制で、難しい操作はしなくてもボタン一つで攻撃することが可能です。ソーシャルゲームなのでもちろんガチャガチャもありますが、グランブルーファンタジーではキャラと武器と召喚石の三種類を手に入れることができます。ですが、課金をしなくてもゲーム進行にはさほど問題はありません。

イベント攻略もすぐにできて、動作も重くない、さらにはクオリティも高いのですからやらない手はありません。
基本無料ゲームなので凄くオススメです。

グランブルーファンタジーのアニメ化が決定

 先日、声優の東山奈央さんがパーソナリティーをつとめるラジオ番組「ドリームシアター」を聴いていたら、ちょっとびっくりするようなニュースを知りました。それは「グランブルーファンタジーのアニメ化決定」です。

 グランブルーファンタジーは王道スマホRPGとして大人気ですので、アニメ化したとしてもまったくおかしくないです。近年ではスマホゲームのアニメ化が相次いでいますので、そこまで珍しいことではないのかもしれません。しかし、私としてはその可能性をまったく頭に入れていなかったので、だからこそ大きな衝撃を感じました。

 しかも、制作会社が「A-1 Pictures」と知ってその期待感はかなり高まりました。A-1 Pictures は今まで良作のアニメを立て続けにヒットさせており、グランブルーファンタジーもそんなアニメの仲間入りをする可能性が十分あります。

 このグランブルーファンタジーは、アニメ化しやすい作品なのかもしれません。すでに声優陣はそれぞれで決まっていますし、しかもその声優陣は人気があって華やかな人たちばかりです。そして、キャラデザに関しても現代にウケそうな感じですから、たとえスマホゲームでこの作品をまったくプレイしたことがないというような人でも、すんなりと世界観に溶け込めるのではないかと思います。今のアニメはそうしてキャッチーなところがないとなかなか人気を集められませんので、その条件を満たしているグランブルーファンタジーはかなり人気になりそうな予感がします。

 今の段階ではまだアニメ化決定というニュースだけにとどまっており、具体的にいつ放映されるのか、製作スタッフの詳細はどうなるのかなど、まだ未確定なことのほうが多いです。ただ、アニメ化決定となればそれらは急ピッチで次々と決まっていくのでしょうし、私もそれを望んでいます。今からアニメ放送を待っていたら待ち疲れてしまいますが、それくらい期待したい作品ですので放送が楽しみでならないです。

少なめの課金でも十分に遊べるグラブルの魅力

最近テレビCMを頻繁に見るようになり、アニメ化も発表されるほどの人気を博するようになったグランブルーファンタジー。
これほどの人気を得るようになった理由はさまざまありますが、無課金でも十分に楽しむことが出来るし、少額の課金で大きな見返りを得ることが出来るという課金周りのシステムも一因となっていると思います。
グランブルーファンタジーは無課金に優しいゲームだとよく言われています。
ガチャに必要な宝晶石は頻繁に配布されるため、結構な頻度で課金ガチャを回すことが出来ます。
さらに、定期的に開催されるレジェンドフェスの期間内は最上位レアであるSSRの出現確率が6%に設定されます。
この6%という数字は数あるソーシャルゲームの中でもかなり高い部類に入るため、この期間内にガチャを引くようにすれば他のゲームより最上位レアを手にしやすくなっています。
また、シナリオやイベントで配布されるキャラや装備も十分に強力なことも無課金でゲームをプレイする助けとなってくれます。
こういった点が、グランブルーファンタジーは無課金に優しいという評判を得ている理由だと思います。
次に、ゲーム開始時に引くことの出来るスタートダッシュガチャ、また、不定期で引くことの出来るサプライズガチャの存在があります。
3000円で引くことの出来るこれらのガチャは、通常の10連ガチャと、一定の制約はありますが任意の装備を手にすることが出来るチケットのセットになっています。
課金ガチャが存在するゲームにおいて、特定のキャラを手に入れようと思った時にかかる金額は莫大なものになってしまうという問題点があります。
その点このゲームでは、3000円という通常のガチャの金額を払うおまけとして確実に手に入れることが出来るのです。
かかる金額が青天井になりかねない課金ガチャの問題点を克服できるこの要素のため、少額の課金で大きな見返りを得られるゲームになっています。
このように、無課金でも十分に、少額の課金をすることでそれ以上にゲームを楽しむことが出来るようになっているのがグランブルーファンタジーの人気の一因です。

グランブルーファンタジーを始める人に

グランブルーファンタジーは今もっとも勢いのあるスマホゲームの一つで、TVCMも頻繁に流れているので見た事ある人も多いのではないでしょうか。
すでに遊んでいる人には関係がない話ですが、これから始めようという人はリセマラを行う事をおすすめします。
リセマラとはリセットマラソンの略で、一度のガチャで欲しいものが出るまでやり直すというもの。具体的にはインストールとアンインストールを繰り返す作業で、時間も気力も必要で正直大変です。特にこのグランブルーファンタジーはそれ以外にもモバゲーからの退会手続きも必要なので、途中で投げてしまう人も多いです。
最上位のSSRは3%の確率しか無く、更にその中から欲しいキャラクターを10連ガチャ1回で狙うとなるといかに大変か想像に難しくないと思います。
ガチャを引くまでにチュートリアルをこなさなければならないのですが、これも少し長いので辛いところ。
一連の作業はただただ苦痛、しかも終わりが見えないので途中で挫折しがちですが、これから長くグランブルーファンタジーを遊ぶつもりなら頑張りどころです。ここで強力なキャラクターを入手しておきましょう。
具体的に名前をいくつか挙げておきます。
まずはクラリス。このキャラクターは攻撃もサポートも優秀。防御力を無視できるアビリティを2つ持っており非常に強力です。
サポートに徹したキャラならアルタイルで、長期戦も含め色んな場面で活躍してくれるので是非欲しいところです。
回復特化ならレナです。全体回復やリジェネほか便利なアビリティを備え、しかも早期から使えるので絶対損のないキャラです。人によってはリセマラではこのレナがベストという人も多く、初心者向けといえるでしょう。
防御特化ならサラでしょうか。味方全体のダメージを半減するスキルや身代わりなど、本来苦戦する様な場面の難易度を大幅に下げてくれます。
最後に挙げるリリィは、スキルは対火属性専門といった感じで、例え火力の高いボスでもそれが火属性ならこのリリィがいれば敵ではなくなる程。
これらのキャラのどれか一つでも入手出来たらリセマラは大成功です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ