二次創作が増えているグランブルーファンタジー

大人気になっているスマートフォンゲームですが、全ての作品の売上が優れているわけではありません。似た様なゲームシステムが多いため、人気作品と無名作品は差がつきやすいのが実情です。そして人気作品になる事を見越して力を入れたゲームが、思ったより流行しないという事も十分にあり得ます。実際には様々なリスクを内包しているのがスマートフォンゲームです。

しかし配信が開始されてから力を入れた作品は成長する可能性が高いと言われています。スマートフォンゲームは売り切り型の作品と違って、追加要素がアップデートによって登場するのです。つまり配信されてから宣伝が頻繁に行われている作品は、かなり期待されているという事になります。そして二次創作が流行するのも特徴です。二次創作を作っている人は抜群に嗅覚が優れており、次に流行する作品をピタリと当てます。

グラフィックと音楽で評価されているグランブルーファンタジーも二次創作が増えているタイトルです。グランブルーファンタジーは多数のキャラクターが登場するロールプレイングゲームで、2014年から配信開始されるようになりました。そして2015年の秋になってから絵を投稿出来るサイトで、ランキング上位に入るようになったのです。スマートフォンゲームは賞味期限が短い特徴があるため、1年以上が経過してから流行するのは稀だと言えます。グランブルーファンタジーと似ている現象を起こしたのが戦艦を擬人化したゲームです。

現在でも人気を維持している作品ですが、二次創作は急速に衰えているという意見があります。代わりにグランブルーファンタジーの絵を描き始めているのです。同時にアニメ化が決定した事も影響を与えると言われています。ストーリーに関しても定評がある作品なので、アニメ化の成功は間違いありません。2015年の秋に突入してから人気が急上昇しているグランブルーファンタジーは、今後もゲームプレイヤーが増加すると予測されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ