グランブルーファンタジーの新しさについて

スマホゲームの「グランブルーファンタジー」には驚かされました。前評判はそれほど高くなったけれど、実際にプレイしてみると実に面白い。今年度の代表作と言っても過言ではないほどのクオリティを誇っています。今年はファイナルファンタジーやドラゴンクエストなど大型話題作が相次ぎましたが、そのような歴史的有名作を前にしても、グランブルーファンタジーは劣らないどころか、さらにその上を行っているのではないかとすら思えます。スマートフォンゲームの金字塔になりうるゲーム、それが「グランブルーファンタジー」です。

グランブルーファンタジーの魅力はそうそう簡単に言い尽くすことはできませんが、それでもいくつかの目立った特徴を列挙することはできると思います。例えば、背景デザインの秀逸さです。どこかジブリを髣髴とさせる世界観に満ちあふれています。天空に浮かぶ島々と、その間を行き来する飛行船。さらにはキノコ型の家屋、峻厳な高山、清らなか川、広大な海。どれもジブリ的モチーフを連想させてやみません。しかし、このように共通点を挙げ連ねたからといって、私はこのゲームがジブリの影響下にあると言いたいわけではありません。むしろ、このゲームにはジブリを超えていく何かがあり、その何かこそがこのゲームの本当の新しさなのです。

しかし、今の私の能力では、その何かについて正確に言い表すことはできません。既存のゲーム論では語りえぬ新しさがあるのです。いつか誰かが、その何者かについて明瞭な論評をなしてくれるかもしれません。しかし私が確認するかぎり、今のところ、多くのゲーム批評家は言い淀んでおり、その何かを語りつくせてはいません。そのため、今はただゲームをプレイするほかなさそうです。プレイすることを通じて、この曰く言い難い魅力を実際に経験してみるしかありません。

グランブルーファンタジーは歴史的名作となります。これまで数多くのスマホゲームをプレイしてきましたが、このゲームほどに新しさを感じさせるものはありませんでした。これからも折にふれて、このゲームについては語っていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ