グランブルーファンタジーはドット絵が評価されている

ゲーム開発においてグラフィック作成は、最も大変な作業だと言われています。操作するキャラクターだけでなく闘う敵のグラフィックも描く必要があるからです。過去の時代では点を繋ぎ合わせる事で様々な物体を表現するドット絵で作成されていましたが、最近では3Dモデルが主流になっています。ドット絵よりも3Dの方が表現できる事が多く、グラフィッカーの負担を軽減出来るからです。

しかし一概にドット絵が劣っているというわけではありません。制約がある中で描かれるドット絵は、存在しているだけでも十分な魅力が備わっています。何より三次元のグラフィックよりリアルに見えなくても、ゲームの世界観とマッチしている事もあるのです。現代ではドット絵を描けるスタッフが減り過去の遺物になりつつあります。

しかしドット絵の魅力を最大限に活かしたゲームが開発されました。グランブルーファンタジーと呼ばれるスマートフォンゲームです。

グランブルーファンタジーは多くのキャラクターがドット絵で描かれています。古い時代のゲームのグラフィックを懐かしく思う人間から受け入れられているのです。昨今のゲームはリアルになり過ぎたという意見もあります。それが原因でゲームを買わなくなってしまう人も存在するのです。スマートフォンは現代の生活において必須であるため多くの人が所有しています。つまり必ずしもゲームのファンだけを相手にする必要はありません。

ドット絵が全盛だった頃にゲームで遊んでいた人種を顧客にすれば、十分な利益を得られるチャンスがあります。スマートフォンは暇潰しのアイテムとして優秀なので、過去のゲームファンを呼び戻せる可能性があるのです。そしてグランブルーファンタジーのドット絵は昔のゲーマーを虜にしました。その効果によってダウンロード数は常にランキング上位です。それによってグランブルーファンタジーの追加アップデートは充実します。将来的には更に優れたコンテンツに成長するのは確かです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ